自分が買ったモノ、観たモノをご紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 河井英里 追悼盤 ひまわり

JVCエンタテインメント、2008年

 2008年8月4日に残念ながら逝去された河井英里さんの「ARIA」を中心とした追悼アルバムがリリースされることになりました。

 河井英里さんのオフィシャルサイト →(http://www.goocompany.co.jp/eri_kawai/)によると、”関係者の方々の御厚意により思いがけないリリースとなりました”とのこと。大変うれしい気持ちです。

<収録曲>
------------------------------
1. バルカローレ-独唱-
2. 満月のドルチェ
3. ウンディーネ-造語詞Ver.-
4. 夕凪
5. コッコロ-オルガンver.-
6. サンタクロウスの空
7. ルーミス エテルネ
8. Second Season~希望~
9. ARIA
10. 水の鏡
11. たんぽぽ水車
12. SUNFLOWER
13. 満月のドルチェ-Live Ver.-
14. コッコロ-Live Ver.-
15. バルカローレ-Live Ver.-
16. サンタクロウスの空-Live Ver.-
------------------------------

 発売日は2008年12月24日。
 ARIAファン、河井英里さんファンの知り合いがいらっしゃる方は、クリスマスプレゼントに良いのではないでしょうか?

 ・・・もちろん、自分へのクリスマスプレゼントでもOKですけどね。
 素敵な唄を聞きながら、涙を流すクリスマスになりそうです・・・。


 また、河井英里さんの追悼盤としてはオリジナルアルバムとして『風の道へ』も2008年12月17日にリリース予定です。
 風の道へ
 ARIA The ANIMATION DVD-BOX

(C)2005 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

 ARIAのTVシリーズ第1期の、ARIA The ANIMATIONがDVDボックスになって登場です!

【内容紹介】(商品紹介のサイトから転載しています)

大人気未来形ヒーリングストーリー「ARIA」1stシーズン、「ARIA The ANIMATION」が
新作ドラマCDや監督絵コンテなど素敵な特典満載で、ファン待望の完全初回生産限定DVD-BOX化!

★全13話を一挙収録!メイキング映像やキャストインタビューなどのDVD版特典映像も完全収録!!
★豪華6大特典!新作ドラマCDや佐藤順一監督の絵コンテ縮尺版など、DVD-BOXの為の素敵な特典が満載!!

【初回生産特典】
1.デジパック系DVD-BOX仕様
2.古賀誠・音地正行両氏共作描き下ろしイラストBOX
3.ピクチャーレーベル仕様
4.新作ドラマCD(約30分・脚本:吉田玲子)
5.佐藤順一監督絵コンテ縮尺版(約70ページ・第11話「その オレンジの日々を…」)
6.映像特典・DVD版特典映像完全収録(約117分)

【特典映像】
1.さとじゅんの「ヴェネツィアごめん」全6話
2.CLUB AT-X後輩3人組対談(前・後編)
3.CLUB AT-X先輩3人組対談(前・後編)
4.SPOT集

【収録話】全13話
【収録分数】本編:約318分/特典映像:約117分


 まだANIMATIONを全話見ていない方、DVDを入手し損ねた方、既に持ってるけどもう1セット欲しい方・・・、いずれにせよオススメです。

 本編が素晴らしいので、それだけでも入手する理由に不足は無いのですが、このDVD-BOX独自の特典もありますので、損は無いはず。

 やはり気になるのは、『新作ドラマCD(約30分・脚本:吉田玲子)』でしょうか。
 ORIGINATIONのドラマCD3巻と、ガイドブック付録のドラマCDをもって完結した気持ちになっていましたが、改めて”新作”を聴くことができるのは楽しみですね。

 そしてARIA全シリーズを通しても最高傑作と呼ばれている、第11話「その オレンジの日々を…」の、『佐藤順一監督絵コンテ縮尺版(約70ページ)』も非常に興味を引かれます。


 現在公開されている収納ボックスのイラストは、第11話「その オレンジの日々を…」の、藍華が「大丈夫だから。」と言う直前のシーンになってますが、おそらく仮のイメージだと思いますので、実際はどのようなパッケージになるかも楽しみです。

 なお、『完全初回生産限定』とのことなので、機会を逃しませぬようご注意を。
 <やさしいピアノソロ>ARIA Best Selection

シンコーミュージックエンターテイメント、2008年

 ARIAのアニメシリーズ(The ANIMATION、The NATURAL、The ORIGINATION)のオープニング/エンディング、挿入歌、挿入曲など主要な楽曲をピアノソロ用にアレンジした楽譜集です。

[収録曲]---------------------------------------------
・バルカローレ(ARIA The ANIMATION挿入歌)
・恋とはどんなもの?(ARIA The ANIMATION挿入曲)
・天気雨(ARIA The ANIMATION挿入曲)
・サンタクロウスの空(ARIA The ANIMATION挿入曲)
・シンフォニー(ARIA The ANIMATION挿入歌)
・ウンディーネ(ARIA The ANIMATIONオープニング・テーマ)
・Rainbow(ARIA The ANIMATIONエンディング・テーマ)
・ユーフォリア(ARIA The NATURALオープニング・テーマ)
・Smile Again(ARIA The NATURALエンディング・テーマ)
・コッコロ~オルガン Ver.~(ARIA The NATURAL挿入歌)
・Waltz for ARIA(ARIA The ORIGINATION挿入曲)
・永遠の海~A Song for Zephyr~(ARIA The ORIGINATION挿入曲)
・四季~そして僕は海に還る~(ARIA The ORIGINATION挿入曲)
・スピラーレ(ARIA The ORIGINATIONオープニング・テーマ)
・金の波 千の波(ARIA The ORIGINATIONエンディング・テーマ)
・横顔-acoustic version-(ARIA The ORIGINATION挿入歌)
-----------------------------------------------------

 各楽譜に、曲名紹介とともに楽曲の雰囲気や、弾く際のポイントなどが簡単に記載されているのですが、結構これが詩的で良い感じ。

 例えば”バルカローレ”の一部を引用すると「3拍子の伴奏を、波間に漂いながら船頭が口ずさむ歌のように、ゆったりと、うたいながら弾くととても雰囲気がでます。」 ・・・こんな感じです。

 また、巻頭にはアニメ3シリーズのキービジュアル(たとえば、The ANIMATIONならば、デスクトップアクセサリーのパッケージに使用されているイラスト)が掲載されています。

 冊子自体が通常の楽譜と同じ菊倍判(A4版と思っていただければ)なので、結構大きなイラストサイズとなっています。

 ピアノが弾ける方も、弾けない方も?、ARIAの音楽が好きな方には、ぜひオススメしたいですね。

 ・・・いつか、この楽譜を見ながらピアノが弾けるようになりたいものです。


 なお、ARIAの楽譜集としては、スカイポート出版さんが発行されています、「アリアピアノコレクション」もあります。
~ARIA~ アリアピアノコレクション
 ARIA 3ヶ月連続スペシャル企画 『蒼のカーテンコール』 FINAL!!



 コミックBLADEの7月号からスタートした特別企画、『蒼のカーテンコール』が、現在発売中のコミックBLADE 9月号でいよいよファイナルです。

 以前も紹介しましたが、コミックブレイド本誌の付録として「天野こずえ特大描き下ろしポスター」、応募者全員サービスとして「豪華クリアポスター2枚セット」が提供されるという企画です。

 付録の書き下ろしポスターは、第3弾となる今回は「水の3大妖精」。
 アリシア、晃、アテナの3人組みです。

 応募者全員サービスのクリアポスター2枚セット、第3弾はARIAカンパニー。
 (ただし、コミックブレイド折り込みの払込取扱票が必要なことと、〆切りがあるので、ご注意を。)


 詳細は、現在発売中のコミックBLADEの9月号をご参照ください。


大変残念なお知らせです。

河井英里さんが、2008年8月4日に逝去されたとのことです。

歌手として、作詞・作曲家として活躍された、河井さん。

ARIAのアニメーションでは、「バルカローレ」や「コッコロ」など、アテナさんの歌担当として、そして、主題歌である「ウンディーネ」「ユーフォリア」「スピラーレ」の作詞や、挿入歌(スキャット)などで。

また、有名なところではテレビアニメ「うたわれるもの」のエンディングなど、たくさんの素敵な音楽作品を私たちに提供してくださった、河井さんが亡くなられてしまいました。

非常に残念です。ショックでちょっと言葉になりません。

私自身、昨年秋のARIA The コンサートで実際に歌っている姿を拝見しており、まさか病気療養されているとは存じませんでした。


オフィシャルサイトには、通夜、告別式の情報が掲載されています。
河井英里オフィシャルサイト →http://www.goocompany.co.jp/eri_kawai/


とても動揺しているため、見辛い文章で申し訳ありません。
しばらくは、静かに、河井さんの残してくださった音楽を聴きながら、静かにお別れをしたいと思います。

最後になりましたが、謹んでご冥福をお祈り致します。
河井さん、今までありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。