自分が買ったモノ、観たモノをご紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BAMBOO BLADE 13
(C)2010 土塚 理弘, 五十嵐 あぐり/スクウェア・エニックス


 入手が遅れて、やっと読むことができたのですが、この巻は、ハッキリ言って正直言って、スゴイの一言
 傑作という表現が、決して大げさではないと思います。

 少し前の巻までは、少々ギャグ方向に走りっていて、正直、軽くなってきたなーと思ってました。いや、思い込んでました。

 ところがこの巻、剣道のスピード感、圧力、迫力、その場に吹き荒れている風のようなものまでが感ぜられるほどの、圧倒的な仕上がり。
 最初はパラパラっと冒頭だけチラ見するつもりだったのに、一気に巻末まで読み切ってしまいました。

 読後には、あたかも自分が大迫力の剣道の試合を目の当たりにして来たかのような、そんな錯覚さえ覚えそうなほど勢いでした。

 この巻は、バンブーブレードを知らない人にも読んで欲しい。そう思います。いやービックリした。

スポンサーサイト
彼と彼女の(オタク)2 1
(C)2010 村山渉/幻冬舎
 やっぱり恋(も)したい。そんなオタクな僕らへの純愛恋愛応援歌!(オビの説明書きより)

 オムニバス形式で、大きく3つのストーリーが掲載されています。
 
 大筋のストーリーはオーソドックスと言えばオーソドックス。
 とはいえ、細かいところでは意外な展開も多く、楽しめます。

 絵柄は表紙のとおりカワイイ目だし、安心して楽しめる作品だと思います。

・瀬野景太郎の場合
 対人恐怖症の男子とデザイン会社に勤めるオシャレ女子、ともに(程度の差はあれども)アニメ好きな二人を巡るお話しです(まぁ、若干、男子側の独り相撲が目立ちますけどね)。

 表紙に描かれている二人が登場人物ですね。
 ふんわり系女子がなかなかカワイイ感じ。

・塩谷一雄の場合
 熱帯魚マニアの男子と、その男子行きつけの店にいつもいる女子のお話し。
 つかみどころがない女子と、それに振り回されている男子、という構図がストーリーの中心ですね。

 常にアンニュイ表情を帯びた女子が、少々不思議な雰囲気をまとった美人さんという感じ。
 最後の方で笑ってる顔なんかはカワイイですけどね。 

 まぁ、一番カワイイのはそのお店で働いているメイドの格好した女の子かなぁと思います。

・菱村凛子の場合
 このお話しだけ、女子視点で描かれています。
 田舎から出てきたお兄ちゃんラブな女子。

 でも、その相手の男子は、女子のイメージを崩壊させるくらいの劣化っぷり。しかもメイドさんラブ。
 ちなみに、このメイドさんは熱帯魚のお話しで登場した女の子と同一人物。・・・というかその店がお話しの舞台にもなっています。

 田舎っ子の女子も十分カワイイですが、策を巡らせるメイドさんがなかなかに魅力的ですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。