自分が買ったモノ、観たモノをご紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
National 鼻毛カッター ER430P-H
パナソニック

●カット時の刺激を大幅に低減する「60°鋭角内刃」搭載

●毛くずを本体内に吸引し、後始末がラク

●本体丸ごと、清潔、水洗い

(商品説明より)

 長いこと、個人的に気になっていた、鼻毛カッターです。

 ハサミの形状の、いわゆる「鼻毛切り」は使っていたのですが、チョキチョキ細かい動きが必要だったり、切った後の毛くずが散らかったりで、イマイチでした。

 面倒くさがって放っておくと、誰かと会ったときに、鼻毛さんが「こんにちは」しちゃったり・・・。

 ケアが必要なことには変わりありませんが、スマートに、スムーズにケアするための一つの解が、電動鼻毛カッターだと思います。

 さて、今回購入してみた機種ですが、鼻毛カッターとしては価格が高めの部類に入ります。巷で流通している製品は、だいたい1,000円前後からありますので。

 ただし、価格が安く抑えられている製品だと、カット時に毛がひっかっかったり、毛くずが散らかったり、掃除が面倒だったりと、実際に使う際に不便なところが多いようです。

 実際に使用した感想ですが、カット時のひっかかりは皆無でした。

 作動音も、さほど大きくなく(電気シェーバーの半分以下の作動音ですね)、スイスイと使えます。

 掃除もハンドソープなどを使用しながら水洗いできるので、清潔に保てます。

 もし鼻毛カッターの購入を検討されている方がおりましたら、価格が抑えられた製品よりも、このくらいのクラスをオススメします。

スポンサーサイト
トランジスターティーセット~電気街路図~(01)
(C)2009 里 好/芳文社
 「不思議な街、アキハバラ。すごく身近で、だけど知らないこの街。」(オビの説明書きより)

 秋葉原を題材としたマンガなどの作品は、ここ数年でとても多く出ていると思います。
 ですが、今までの作品とは一線を画した感がある作品ですね。

 主人公は祖父から受け継いだ電子部品店を営む女子高生。(あれ?女子高生で良いんだよね?)

 その主人公を慕う小学生女子やら、久しぶりに秋葉原に帰ってきた幼なじみの女の子(しかもメイド喫茶経営)、商店街の怪しげな面々を中心にドタバタが繰り広げられます。

 基本、ライトな感じのコメディーですし、ところどころ百合要素ありの、軽いお色気なんかも登場するんですが、「PICマイコン」とか「グリスの香り」とか、そっちの筋の人には、思わず反応してしまいそうな単語が随所に散りばめられています。

 そんな感じで、コメディーなのかギャグなのかといったストーリーが展開してると思いきや、万世橋を舞台とした、戦時中の少し切ないお話しがあったりと、なかなか読ませる作品ですね。

 メイド喫茶や、制服で出歩くと撮影会が自然発生など、イマドキの秋葉原を描いているシーンもありますが、万世橋駅や交通博物館のエピソードなど、秋葉原の表面的な部分だけにとらわれていない所が好感を持てます。

 ちなみに、作中に登場するオヤッサン、近藤さんの青春時代の置き土産、雪子さん(故人、だけど、黒髪ロングに黒セーラー服が素敵)がお気に入りです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。