自分が買ったモノ、観たモノをご紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊ウンディーネ05号【藍華・S・グランチェスタ特集号】



著者:天野こずえ
マッグガーデン,2008年


 月刊ウンディーネの第4号【アリス・キャロル特集号】に引き続き、藍華がメインとなる月刊ウンディーネ05号 【藍華・S・グランチェスタ特集号】が発売となりました。

 今回も01~04号と同じく、小冊子+フィギュアという構成になっています。

 フィギュアは、アリア社長「おしゃれコレクション②」と称して、歴代ファッションから2体が付属します。

 単行本、「ARIA」第4巻・第18話「空を泳ぐ魚」より、少しフォーマルスタイルなアリア社長。
 単行本、「ARIA」第11巻・第54話「休日」より、イチゴをモチーフにしたファッションのアリア社長。

 小冊子は、テレビ放映には少々フライングしてますが、プリマに昇格を果たした藍華の特集記事が組まれています。
 今までのインタビュー記事と同様に、藍華のインタビュー記事の中にも、セミヌードイラストが掲載されています!(イラストは肩から上だけですし、顔以外はぼかされているんですけどね)

 そのイラストでは、晃さんを彷彿とさせるような、挑戦的な眼差しで見上げるようなカットになっています。
 藍華のイラストとしては、新鮮な感じがしました。


 また、インタビュー記事冒頭の見開きイラストでは、キャミソールっぽいインナーに、ホットパンツ、シースルーなパーカー(?)を着ていて、レースがあしらわれたカチューシャを着けているのですが、ホットパンツ以外は、普段の藍華のファッションとは違う感じ。お嬢さまっぽい。

 他にも「水の3大妖精座談会」なんて記事があって、アリシア・晃・アテナの3人がざっくばらんに現在のウンディーネ業界を語り合うという趣向。
 新プリマ昇格状況の分析なんかは、それっぽい感じになってますね。(笑
 あとは、アリシアさんがゴンドラ協会要職に就くにあたっての決意表明のようなものも語られています。

 「MyFavorite」コーナーでは、「トラゲット」に登場した姫屋の「あけみ」が、トラゲットに寄せる思いのようなものを語っています。
 そんなことよりも、イラストに描かれている、あけみがもりもり食べている鉄板焼きが、やたら美味しそうで気になります。。。

 裏表紙の通販広告には、新アイテムとして「ゴンドラ協会コート・レプリカ」なんてのが掲載されています。
 ウンディーネ服ならわかるんですけどね、ネオ・ベネツィアでは「ゴンドラ協会ごっこ」でも流行ってるんでしょうか(笑) 重厚感溢れるコートだとは思いますが。。。

 06号も楽しみです。
(すでにこの05号も、amazonあたりでは在庫切れのようです。)

月刊ウンディーネ4 アリス・キャロル特集号

月刊ウンディーネ6 水無灯里特集号
スポンサーサイト
月刊ウンディーネ04号【アリス・キャロル特集号】


著者:天野こずえ
マッグガーデン,2008年


 月刊ウンディーネの続刊である、第4号【アリス・キャロル特集号】が発売となりました。

 以前の01~03号と同じく、小冊子+フィギュアという構成になっています。

 フィギュアは、アリア社長「おしゃれコレクション①」と称して、厳選衣装6種のうち、2体が付属します。

 単行本、「AQUA」第2巻・第7話「社長はつらいよ」より、家出姿のアリア社長。
 単行本、「ARIA」第4巻・第19話「伝説の大妖精」より、遠足スタイルのアリア社長。

 小冊子も、テレビ放映に合わせた形で、プリマに昇格を果たしたアリスの特集記事が組まれています。
 01~03号の先輩方のインタビュー記事でもありましたが、アリスのインタビュー記事の中にも、セミヌードイラストが掲載されています!
 ・・・といっても、イラストは肩から上だけですし、顔以外はぼかされているので、何もわからないんですけどね(笑

 注目すべきは、大人気連載漫画(って書いてある)「Nice!プリマをねらえ!!」のラスト1コマでしょうか。
 なんとサンマルコ広場の大鐘楼の鐘が落下してくるという、スリリングなところで次号へ続きます。

 他にも「新プリマ データ&意識調査」「アトラのMyFavorite」「そのカード、ネオ・ヴェネツィア仕様」がキャッチコピーのクレジットカード広告、裏表紙の通販広告(ゴンドラのバーチャルマシン)、などなど、芸が細かく、遊びゴコロ満載です。

 絶対、楽しんで作ってますよね。

 05号、06号も楽しみです。
(すでにこの04号も、amazonあたりでは在庫切れのようです。05,06号も予約しておいた方がいいと思います。)
月刊ウンディーネ5 藍華.S.グランチェスタ特集号

月刊ウンディーネ6 水無灯里特集号
ARIA <コミック原作 最終巻>は3月10日発売!!

aria12巻ARIA 第12巻(完結)
著者:天野こずえ
マッグガーデン,2008年


 ARIAの最新巻であり、最終巻である、12巻の発売は3/10(月)です。
 (価格は590円)

 11巻最後でアリスがプリマに昇格しましたが、その後のフィナーレに向かったストーリーが描かれています。
 テレビシリーズに先駆けて完結した原作版ARIAの発売はもうすぐです。
ARIA The ORIGINATION 第9話「その オレンジの風につつまれて・・・」


アニメ未視聴の方はネタバレありますのでご注意




 ついに、アリスがプリマ飛び級昇格しました!
 原作コミックス11巻を読んだときにも衝撃でしたが、やっぱりアニメで見ても衝撃的な、ドラマティックな展開でしたね。

 水上エレベーターを出た直後の、夕日がまぶしかった・・・。

 最後のアリスが歌っていた歌は「ルーミス エテルネ」です。
 アテナ先輩と違い(?)、アリス本人(広橋涼)が歌っています。

 曲は、先日発売されたサウンドトラック、ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUNDTRACK treに収録されていて、私は最初にサントラでこの歌を聴いたのですが、「絶対、あのシーン(今回)で使われるに違いない!」と予想していたとおりになりました。

ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUNDTRACK tre

 まずは、手袋なし(プリマ)昇格おめでとうと言いたいですね!


 ・・・と、同時に、灯里、藍華、アリスの3人の合同練習の日々が終焉を迎えることを示唆しています。
 まずはアリスが、そしていずれ、灯里も藍華もプリマとして独り立ちしていけば、今までとはガラリと変わった日々を迎えることになっていくでしょう。

 すなわち、原作同様に、我々が見ているARIAという作品がフィナーレへ向かっていることを意味しています。
 正直寂しい思いもありますが・・・、いやいや、ここから先は「オレンジの日々」もしくは、原作の最新号のストーリーにアドバイスを求めましょうか。

 ちなみに、3うるり(3回うるりときた)でしたー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。