自分が買ったモノ、観たモノをご紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GUNSLINGER GIRL Vol.5


著者:相田裕
メディアワークス,2005年,初版


・概要
『「義体」と呼ばれる機械の身体を持つ少女たちの戦い・・・。互いの信念を貫くため、トリエラとピノッキオが再び相見える!!』(オビより引用)

 様々な理由と事情により改造された少女たちが銃を手に取り戦いに身を投じる・・・、ガンスリンガーガールの第5巻です。

 オビの宣伝文句にもあるとおり、トリエラとピノッキオの再戦がクライマックスに描かれています。
 ですが、むしろこの巻ではモンタルチーノの良い女ことフランカや、フランコ、そして、マルコーの元恋人・パトリティアなどの過去や現在に至る経緯などが中心に描かれています。
 フランカとパトリティアの関係などは、ちょっと意外に感じました。世間は狭いものです。

 パトリティアに近づく(自称)敏腕美形記者レオナルド・コンティ、フランカと作戦1課の遭遇、そしてトリエラとピノッキオの再戦がこの巻の軸になります。

・見どころ
 色々と見どころはあるのでしょうが、個人的に推したいのはこれ。
 トリエラのタンクトップ&スパッツです。
 正直に言って、この巻で一番心を動かされたのが、トリエラの柔軟体操(らしき)シーンです!(^^;

・まとめ
 2課の義体の少女たちが前面に登場していないという意味では、今までとはひと味違う仕上がりになっているように感じます。
 個人的には、戦闘シーンのエグさというか、痛々しさがちょっと苦手なのですが、スピード感は十分に感じられます。
 ストーリの奥行きを広げている巻でもありますので、今まで続けて読まれている方は、この巻も読まれることをオススメします。
スポンサーサイト
ぼくのパソコンを守って


著者:根津研介/園田道夫/宮本久仁夫
イラスト:武礼道
秀和システム,2005年,第1版


・概要
 コンピュータ、とりわけネットワークに関するセキュリティの入門書です。
 1~8章までの章立てになっており、各章は冒頭に4ページ程度のマンガパート、後半に文章による解説パートという構成になっています。

・見どころ
<マンガパート>
 マンガパートは、はっきりいって息抜きというかオマケ程度と思います。
 主な登場人物は3人。
 セキュリティはもちろん、警戒心や危機意識がまったくないショートカットの中学3年生「知己優」。登場3ページ目にしていきなり脱いじゃいます。
 セキュリティ道を広めるのがお仕事で、髪型がたてロールの「月島みちる」。登場2ページ目にしてパンチラしてます。
 知己優の近所に住んでおり、色々面倒を見てくれる「奈緒おねーちゃん」。

 ストーリーは知己優のセキュリティ意識の低さが原因でとんでもない事態に発展していく様子を描いています。ストーリー自体はトンデモな話しですが。
 そして終盤の7章のマンガパートでは、おそらくこの本で一番言いたかったであろうセリフを叫びます。そのセリフについては、実際にご覧になってください。ヒントは本書のタイトルに関連する言葉です。このページを見た瞬間、正直私はぶっ飛びました。
 最終章となる8章でオチをつけます。ベタと言っても過言ではないオチだと思いますが・・・。

<解説パート>
 マンガパートのトンデモぶりやイラストの軽さで誤解されてしまいそうな本書ですが、解説パートはしっかりと分かりやすい説明がされています。
 1章では、そもそもインターネットが何者かを解説。2章ではネットにおける個人情報の考え方やその動きについて、3章ではネットワーク上の脅威・恐怖について語っています。
 また防衛手段や自己防衛の考え方(4章)、コンピュータウィルス(5章)、スパイウェア(6章)、暗号化(7章)についても説明しており、ごくごく初歩的な防衛手段としてのパソコン上の設定なども写真付で解説しています。
 また最終章の8章では、無線LANのセキュリティについて細かく説明されています。
 無線LANが普及した経緯や規格上の問題、どのように情報が漏れるか、どのように防衛するか、などが記載されています。

・まとめ
 いわゆる萌え本系の解説書の部類に入るとは思いますが、萌え要素はさほど強くないと思います。むしろ解説パートなどはネットワークやセキュリティの初心者にも分かりやすく説明されていると感じます。
 ただし、表紙やマンガパートなどが萌えというか、アニメ調の絵柄なため、書店で買い求めたり、持ち歩いたりするのはちょっと恥ずかしいかも、というのが最大の難点であると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。