自分が買ったモノ、観たモノをご紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BAMBOO BLADE 13
(C)2010 土塚 理弘, 五十嵐 あぐり/スクウェア・エニックス


 入手が遅れて、やっと読むことができたのですが、この巻は、ハッキリ言って正直言って、スゴイの一言
 傑作という表現が、決して大げさではないと思います。

 少し前の巻までは、少々ギャグ方向に走りっていて、正直、軽くなってきたなーと思ってました。いや、思い込んでました。

 ところがこの巻、剣道のスピード感、圧力、迫力、その場に吹き荒れている風のようなものまでが感ぜられるほどの、圧倒的な仕上がり。
 最初はパラパラっと冒頭だけチラ見するつもりだったのに、一気に巻末まで読み切ってしまいました。

 読後には、あたかも自分が大迫力の剣道の試合を目の当たりにして来たかのような、そんな錯覚さえ覚えそうなほど勢いでした。

 この巻は、バンブーブレードを知らない人にも読んで欲しい。そう思います。いやービックリした。

スポンサーサイト
彼と彼女の(オタク)2 1
(C)2010 村山渉/幻冬舎
 やっぱり恋(も)したい。そんなオタクな僕らへの純愛恋愛応援歌!(オビの説明書きより)

 オムニバス形式で、大きく3つのストーリーが掲載されています。
 
 大筋のストーリーはオーソドックスと言えばオーソドックス。
 とはいえ、細かいところでは意外な展開も多く、楽しめます。

 絵柄は表紙のとおりカワイイ目だし、安心して楽しめる作品だと思います。

・瀬野景太郎の場合
 対人恐怖症の男子とデザイン会社に勤めるオシャレ女子、ともに(程度の差はあれども)アニメ好きな二人を巡るお話しです(まぁ、若干、男子側の独り相撲が目立ちますけどね)。

 表紙に描かれている二人が登場人物ですね。
 ふんわり系女子がなかなかカワイイ感じ。

・塩谷一雄の場合
 熱帯魚マニアの男子と、その男子行きつけの店にいつもいる女子のお話し。
 つかみどころがない女子と、それに振り回されている男子、という構図がストーリーの中心ですね。

 常にアンニュイ表情を帯びた女子が、少々不思議な雰囲気をまとった美人さんという感じ。
 最後の方で笑ってる顔なんかはカワイイですけどね。 

 まぁ、一番カワイイのはそのお店で働いているメイドの格好した女の子かなぁと思います。

・菱村凛子の場合
 このお話しだけ、女子視点で描かれています。
 田舎から出てきたお兄ちゃんラブな女子。

 でも、その相手の男子は、女子のイメージを崩壊させるくらいの劣化っぷり。しかもメイドさんラブ。
 ちなみに、このメイドさんは熱帯魚のお話しで登場した女の子と同一人物。・・・というかその店がお話しの舞台にもなっています。

 田舎っ子の女子も十分カワイイですが、策を巡らせるメイドさんがなかなかに魅力的ですね。


高杉さん家のおべんとう1
(C)2010 柳原望/メディアファクトリー
 冷めているから あたたかいんだ 30男と12歳少女を結ぶ絆を描くハートフルコメディ(オビの説明書きより)


最近読んでました。

ひょんなことから、12歳の少女の保護者となった、研究をしながらも就職がままならない30男が、「おべんとう」を軸に少女との絆を育んでいく感じのお話しです。

物語はまだまだ序盤といったところですが、表紙にも登場しているメインキャラの久留里がとてもカワイイ。

個人的には「もーん」とか「はもーん」とか「はむー」とか(言葉に出しているわけではないですが)そういう表情がなかなかお気に入りです。

あとは、主人公である温巳が携わる「地理学」。あまり知られていない(少なくとも私はよく知らない)世界の話しだけに、こちらも興味があります。
トランジスターティーセット~電気街路図~(01)
(C)2009 里 好/芳文社
 「不思議な街、アキハバラ。すごく身近で、だけど知らないこの街。」(オビの説明書きより)

 秋葉原を題材としたマンガなどの作品は、ここ数年でとても多く出ていると思います。
 ですが、今までの作品とは一線を画した感がある作品ですね。

 主人公は祖父から受け継いだ電子部品店を営む女子高生。(あれ?女子高生で良いんだよね?)

 その主人公を慕う小学生女子やら、久しぶりに秋葉原に帰ってきた幼なじみの女の子(しかもメイド喫茶経営)、商店街の怪しげな面々を中心にドタバタが繰り広げられます。

 基本、ライトな感じのコメディーですし、ところどころ百合要素ありの、軽いお色気なんかも登場するんですが、「PICマイコン」とか「グリスの香り」とか、そっちの筋の人には、思わず反応してしまいそうな単語が随所に散りばめられています。

 そんな感じで、コメディーなのかギャグなのかといったストーリーが展開してると思いきや、万世橋を舞台とした、戦時中の少し切ないお話しがあったりと、なかなか読ませる作品ですね。

 メイド喫茶や、制服で出歩くと撮影会が自然発生など、イマドキの秋葉原を描いているシーンもありますが、万世橋駅や交通博物館のエピソードなど、秋葉原の表面的な部分だけにとらわれていない所が好感を持てます。

 ちなみに、作中に登場するオヤッサン、近藤さんの青春時代の置き土産、雪子さん(故人、だけど、黒髪ロングに黒セーラー服が素敵)がお気に入りです。
 
 森田さんは無口 1

(C)2008 佐野 妙/竹書房


 思春期男子の密かな憧れ(多分っ)、無口女子高生が主人公の4コママンガです。
 というわけで、たまには毛色の違う作品をご紹介。

 タイトル通り、無口でかわいらしい女子高生が繰り広げる(というほどドラマチックな展開は皆無ですが)日常のほのぼのコメディ。

 表紙のイラストでご覧いただけるとおり、目がうつろになってますが・・・、作者の佐野先生(および作中のキャラクターの山本さん)曰く「冷凍イカの目」だそうで。

 よく「目は口ほどにものを言う」という言葉がありますが、口が無口だと、目も無口(?)になるということでしょうかね。まぁ、それでもカワイイんですけどね。

 オビに「人より優しすぎて、考えすぎて無口になってしまう森田さんの毎日は・・・!?」と書かれていますが、誰にでも、相手を気遣った結果や、少し考え込んでしまった結果、言葉を言いよどんでしまうことってあると思います。

 そういった、誰にでも多少は経験がある部分を、周囲の楽しいキャラ達とともに描いている作品です。

 ちなみに、日頃からしょーもない痴話喧嘩とラブラブを繰り返している、森田さんの両親のやりとりが、結構スキですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。